PENTA機に、タクマーレンズと並ぶライバル1 Carl Zeiss Tessar 1Q 2.8/50 M42 ALU (ファットテッサー)

LENS Made in japan…
皆さんは、日本製のレンズに誇りに思っていますか?
それとも、ドイツ製がいい??
私は、子どもの頃からカメラが好きで、最初に撮ったカメラは、なんと、自分の成長を記録するために親が買ったカメラでした。
小学生の頃、キャノンFTbを買ってもらい、以来、オリンパス、ミノルタ、コンタックスなと、いろいろなカメラを購入してきましたが、最近は、デジカメばかり利用しています。
この長い時間の経過の中で、いつまでたっても利用できるカメラ資産、レンズマウントは・・・
ニコンF、ペンタックスK、ライカMマウントなどいろいろありますが、フランジバックという、どーしてもマッチさせなくてはならない課題があります。
そうすると、どうなるか???
ニコンFは、さようなら。アダプターは補正レンズを入れないと。
ライカMも、ちと辛いものがある。
そういった中で、ペンタックスKマウントは、現行のKマウントレンズは元より、アダプターリングが必要だけれど、大昔のペンタックスSマウント= プラクチカマウント=M42マウントのレンズが利用できます。
M42マウントレンズは、世界中にゴロゴロあり、銘玉といわれるものもたくさんあります。
ぇ"え"っ、なんと素晴らしいマウントなんだ。
ペンタックス♡
でも、フランジバックの短い、ミラーレスカメラなら、なんということはない。アダプターで自由自在でござる。
ならば、ミラーレスカメラでいいじゃん、と、いうことになりますが、日本の銘玉レンズの中には、ペンタックスKマウントのものもあり、使ってみたいじゃありませんか。

→→→日本の銘玉、オールドレンズは、どんな写りなんだろ?ドイツ製はどーなんだろ??

そんな訳で、現在でも入手しやすいオールドレンズを購入しつつ、レビューしていきたいと思っています。
私のメイン機は、写真のペンタックスK-20D。
旭光学資本の最後のカメラです。製造原価を下げたかったのか、映像素子は、韓国製です。
サブ機は、フジフィルムのX-A2。手軽なカメラだけど、写りはイイですよ。一般的には超オススメなカメラです。
今回は、最初なので、タクマーレンズの紹介から入るのが、トーゼンでしょうけど、日本製カメラ・レンズに対峙するライバルの雄・カールツァイスのテッサーを用いて写り具合を紹介します。

私の愛機、ペンタックスK-20Dです。

d0362711_22102240.jpg

Carl Zeiss Tessar f=2.8/50mm ALUボディで撮りました。
ミツマタ(三椏)の花。樹皮は和紙の原料として用いられるそうです。
d0362711_21125901.jpg
どうですか?この写り。きれいなBokehになっていると思いますが。
はっ?日本製レンズを褒めるんじゃないのかいって?
まだまだ、道中は長い。焦らないで。
因みに、私は極度のBokehは嫌いなので、f=5.6位までは絞ります。

Carl Zeiss Tessar f=2.8/50mm ALUです。
d0362711_23042742.jpg











[PR]
by hiyodori2013 | 2017-05-12 23:34 | カメラ レンズ | Comments(0)

PENTAXマウントで使える数々のレンズ達とバイクで遊んでいきます。他のマウントも少々。


by hiyodori2013