【第24話】Carl Zeiss Jena Biometar 2.8/80 PENTACON-SIX MOUNT

★ 2017.08.27 画像差替(圧縮ソフト入替)・記事一部訂正しました。
  順次、記事を遡って画像入れ替え等します。
  あまりにも、画像が悪くて、本人不満なため。

またまた、Biggerなレンズの登場です。
Carl Zeiss Jena Biometarです。
DDRなんで、東側向けのレンズですね。はい。Deutsche Demokratische Republikって、感じです。
GDRだと、英語読みで、西側への輸出バージョンとして、西ベルリンで徹底的にイジメられてから世に出る製品となります。


d0362711_10593689.jpg

でっかいことは・・・イイことだと、これまで2本のレンズを紹介してきましたけど、タクマーもMirも「この1本でイイや。」と、思えるほど素晴らしいレンズでした。

Zeiss Jenaなんで、どうなりますかね。時代により、自然。MCになると、お化粧。
さてさて。。。
今回の撮影は、PENTAX K-3です。K-20Dは夏休みになっています。

ISO 200 開放、1/3200から。


d0362711_11022348.jpg

うっひゃー!!!
カールツァイスの色乗りが、ガゼン発揮されました。
イイ色です。
か~るつぁいす、みんなの憧れ。イイレンズ。。。

だけど、実際の色。ご覧いただきます。
TAKUMAR 6×7 SMC 3.5/55を次に載せます。
ビックリしますよ。
ISO 200 開放、1/1250です。


d0362711_11082671.jpg


解りますかね?
花弁のパーツごとの色の違い。
タクマーは、中心部で「白い」んです。
だけど、ツァイスは、ピンク色なんです。
花の色が赤味に大きく振れているんです。
つまり、「お化粧」をしています。
英語で、Over Action て、いうんでしょうか。
これが現実です。はい。
LENS Made in JAPAN。本領発揮です!!しっかりと、「現実」を捉えています。
きびしー。。。

今度は、絞り5.6 1/800です。


d0362711_11112707.jpg

花弁の色が、「白く」なってきました。
これならば、「自然」、人の目で見たような、ナチュラルで、かつ、イイ色味・描写だと思います。
流石、JENA。と、いうところでしょうか。
ちょっと絞って、イイ写りをGetする。そんな、Zeissでした。
Mir-3bよりは、良いと感じています。

TAKUMARには、ちょっとね。
勉強してこいよ~~~


d0362711_11133901.jpg






[PR]
by hiyodori2013 | 2017-08-12 20:29 | カメラ レンズ | Comments(0)

PENTAXマウントで使える数々のレンズ達とバイクで遊んでいきます。他のマウントも少々。


by hiyodori2013